MKサービスです

秘書代行・電話代行・電話秘書のMKサービスにいただいたご質問集(No.64)

群を抜く電話代行サービス申込率
ご利用に関するご質問集

  当社の秘書代行電話秘書サービスに対して実際にございましたお問合せやご要望に対するご回答、ご案内メール内容です。  
   (注)掲載内容は当時のQA内容であり現在の規定では対応が変わっている場合もございます。あらかじめご了承下さい。  
(Q1)

代金の支払いについてのご案内はいつ頃いただけますか?

 まず無料お試しの終了日(予定では○○月○○日)の4,5日前に、弊社より初回代金のお振込みに関するご案内メールを差し上げます。
 そちらをご一読の上、契約お申込みにご異存がなければメールに記載してございます弊社口座にお決めいただいたプランの月額代金(スモールプランなら2800円)をお振込みください。
 2回後の月額代金につきましては、毎月10日頃にメールにてご請求案内いたします。(お支払期日は毎月27日です)


(Q2)

無料お試し期間は23日で終了しますが、契約は翌月1日になるのでしょうか?

  無料お試しご利用期間の終了日が23日(金)でしたら、契約日は26日(月)となります。
 当社規定により、契約日は無料お試し終了日の翌営業日となります。ご了承くださいますようお願いいたします。


(Q3)

もし可能であれば当社にかかってきた電話を一時的に自分の携帯電話番号090-****-****に転送してもらえると助かります。

 大変申し訳ございませんが、弊社ではこちらからの電話転送サービス自体は行なっておりません。
 当社の電話秘書サービスは、全て有人での電話応答とメール報告のみとなります。電話そのものを御社にお繋ぎするようなサービスは行っておりません。


(Q4)

現在、秘書代行契約をしている会社です。もう1つの法人も契約したいと思います。番号追加オプションでよいのでしょうか?

 現在ご契約いただいている法人様と別法人様名義で秘書代行をご利用希望の場合、当社規定により、別途ご契約をお願いいたします。
 下記にあらたなご契約となる場合と現契約で追加番号扱いとなる場合の取り扱い上の違いをご説明いたします。
 (1)新たに新契約をお願いするケース:
 ご経営者が同一人であったとしても、追加のご利用先が別法人(格)の場合は新たなご契約が必要です。
 その理由といたしましては、事業内容や構成員(社員の方)が異なるなど、組織の構成そのものが違うケースがほとんどであり、会社ごとに窓口を持つのが通常であるからです。
 (2)現在契約の追加番号扱いでお引き受けするケース。
 現在ご契約の会社(法人)様の別事業や別拠点(本支店)などの電話受付用途の場合には月額1050円の追加番号扱いで対応いたします。
 この場合にはご契約情報(企業基本情報や社員名簿、ご報告先、各種要望内容)については現契約の情報のまま対応することになりますが、電話をお取りした際の名乗り名は変えることができます。
 追加番号扱いの適用は同一企業内での別用途のための限られたご利用に対する特別割引規定であるとご認識ください。


(Q5)

来月から会社を立ち上げます。その前に電話番号をいただくことはできますか?

 ホームページや名刺に載せるために、秘書代行開始前のご準備期間中に電話番号取得をしたいということでしたら、お申込みをお受けし電話番号をお渡しすることは可能です。
 ただし、この場合は電話番号はお知らせしますが、電話代行サービスの開始は会社設立後となります。
 これは、まだ会社の設立がなされていない状態で電話代行を行うことは当社が虚偽・架空の会社の対応をしてしまうことになり、社会への影響上(相手に与える印象も)芳しくないからです。
 上記のルールを遵守いただけるようでしたら事前のお申込みは問題ございません。


  電話代行Top
  サービス内容
  ご利用開始手順
  料金一覧
  お申込み/お問合せ
  会社案内

電話代行サービスのご連絡先
〒102-0093
東京都千代田区平河町
1-8-8
桔梗ライオンズマンション平河町201
TEL 03-3234-7933
FAX 03-5860-4801

【電話代行QA】No.61~70

【電話代行QA】他のページ

Copyright (C)2009 MKService,Inc. All rights reserved.